浮気の現場 見つける方法

一流の探偵が浮気の現場を見つける独自の方法

「継続は力なり」なる諺は探偵業界にも勿論共通しています。個人あるいは極小規模の探偵の中にも当然、非常に優れた人材が数多く存在しています。ですが数十年間を通じ、膨大な事例を解決し続けて来た老舗探偵社内でスタッフ同志が共有出来る「情報」「ノウハウ」面や、駆使出来る設備やツール面に関しては、悲しいかな物理的に及ぶべくもありません。

全国各所に直営事務所を持つ規模の探偵事務所だからこそ駆使出来る最新機器、そして対象者の行動範囲が一地方都市圏外へ及んだ場合の速やかな連携など、一流探偵社だからこその独自のノウハウが結果、より迅速確実に浮気の現場を特定し、揺るがぬ決定的証拠を押さえる事を可能にしている点は見逃せません。例えば中長期的な尾行に際しては、こまめに担当員を入れ替えるだけでも、相手に察知されるリスクを大きく軽減出来ますが、これを実践するには複数のスタッフの存在が不可欠です。優れたノウハウを大勢のスタッフが駆使出来るからこそ、極めてハイレベルな仕事が可能となっているのです。


尾行調査の存在を絶対に察知される事無く、浮気現場を押さえる為には、人間の肉眼と記憶を「映像」「画像」と言う形に「記録」するアイテムの存在が不可欠です。当然市販レベルのカメラや盗聴器等では性能不足であり、特殊なシチュエーションにも十分対応出来る特殊機器である事が求められます。優れた探偵はこうした各種機器にも当然精通しており、豊富な知識と経験と自らの第六感で目星をつけた浮気現場で展開される、対象者と浮気相手との一瞬を捉え損なう事はありません。

時に長時間に及ぶ張り込みなど、体力的にも精神力的にも大変な緊張感の持続が求められる、こうした一連の調査行為に対しても、優れた専門スタッフに「油断」の二文字は存在しません。音も無く確実に現場風景を捉え、対象者に一切の言い訳の糸口すら与えぬ「決定的証拠」を依頼者に準備するのです。浮気というルール違反に興じる以上、対象者側もそれなりの警戒心を持ち続けているでしょうが、悲しいかなプロフェッショナルの眼力の前には、幼い子供の可愛い工作に過ぎません。


浮気調査の依頼に際しては、まずは担当者が具体的なご相談内容の確認と同時に、依頼者の話される内容の行間に潜む、さまざまな「推察出来る真実」を探り出して行きます。浮気の現場の探し方も対象者によってベストだと判断される手法は自ずと異なって来ます。

だからこそ依頼者はこの段階で、体裁を繕ったりする事無く、自らが知り得る限りの全てを正直かつ冷静に話す事を心掛けるべきなのです。これまでの実績とデータから、調査員はより確実だと思われるノウハウを構築確認し、それを実行に移す事でより早い段階での浮気現場の特定に着手します。膨大な事例を扱った経験から、人物像から行動パターンを弾き出し、確実に対象者の行動範囲を絞り込み、現場へ近づいて行くのです。そこには常に変化を見せる町の施設や開催されるイベントなど、リアルタイムの情報確認も不可欠であり、対象者の趣味嗜好や浮気相手の人物像などから、総合的に現場を絞り込んで行くのです。一流探偵のその手際を「魔法」と表現する向きもありますが、それも納得の見事な仕事振りにはただ驚かされるばかりです。